カウンター
62

ヴィクトリアマイル予想に役立つ過去データと傾向



※ヴィクトリアマイルは06年に新設されたG1レースで、過去6年のデータですので参考までに。

■攻略ポイント

(1)過去データはあてにならない

過去データを書きながら矛盾するのだが、過去6年のデータしかないのもさることながら、過去1番人気馬の成績が(2-2-0-2)で、連対したのはウォッカの2回、ブエナビスタの2回と、歴史に残る名牝であり、ましてやこの2頭の前走は海外G1で、まったくといっていいほど今回の出走馬を見渡す限りこの名牝2頭を参考にできる馬はいない。これより下に挙げるデータは、全てにおいてウォッカ、ブエナビスタの、それぞれ2回ずつのデータが入っているので、あまりあてにはしないでほしい。

(2)ステップ

過去6年の連対馬12頭の前走は阪神牝馬S組4連対、ドバイ遠征組4連対、マイラーズカップ組4連対、福島牝馬S組1連対、ダービー卿CT組1連対となる。しかし、今年はドバイ遠征組はいなく、マイラーズカップ組もいない。消去法で残る、最有力組は阪神牝馬ステークス組。非常にサンプルは少なくてあてにはできないが、阪神牝馬ステークス組で馬券になったのは5頭で、この5頭に共通するのは阪神牝馬ステークスで1着か、1番~3番人気に支持されていたこと。現時点の登録馬でいうと、阪神牝馬1着のクイーンズバーン、1番~3番人気馬スプリングサンダー、マルセリーナ、アパパネになる。この4頭から1頭以上は馬券になる可能性は高い。

(4)3歳クラシック実績

過去6年の連対馬12頭中9頭は3歳クラシックレースのいずれかで3着以内に入っていた。残りの3頭は牝馬限定の重賞レースで1着になった馬だった。人気に関係なく、馬券に絡むにはそれなりの実力の裏づけが必要だ。

(5)穴馬ならこれ

5番人気以下で馬券に絡んだ馬は8頭。この8頭には4つの特徴がある。
1.前走の阪神牝馬Sで、2~3番人気に支持されながら大敗していた馬が2頭(今年ならスプリングサンダーとアパパネ)。
2.前走で牡馬相手の重賞に出走していた馬が2頭(今年ならアプリコットフィズとグランプリエンゼル)。
3.前走で逃げ切り勝ちか2番手から勝った先行馬が3頭(今年ならクイーンズバーンとオールザットジャズ)。
4.中山牝馬ステークス1着が1頭(今年ならレディーアルバローザ)


人気データ
1番人気 (2-2-0-2)
2番人気 (2-0-0-4)
3番人気 (0-1-1-4)
4番人気 (0-0-2-4)
5番人気 (1-0-0-5)
6番人気 (0-0-0-6)
7番人気以下(1-3-3-64)

馬齢データ
4歳 (4-5-2-48)
5歳 (2-1-2-20)
6歳 (0-0-2-14)
7歳以上(0-0-0-7)

所属データ
関東(3-1-1-34)
関西(3-5-5-55)

枠データ
1枠(1-2-2-7)
2枠(1-1-1-9)
3枠(2-0-0-10)
4枠(0-0-0-12)
5枠(0-1-1-10)
6枠(1-0-0-11)
7枠(0-1-1-15)
8枠(1-1-1-15)

脚質データ
逃げ(0-1-1-4)
先行(1-2-2-17)
差し(5-2-2-38)
追込(0-1-1-30)

前走データ
重賞(6-6-5-77)
├阪神牝馬S(1-3-1-28)
├マイラーズC(2-0-1-6)
├ダービー卿CT(1-0-1-1)
├福島牝馬S(0-1-0-27)
├中山牝馬S(0-0-2-7)
└海外(2-2-0-1)
OP特別(0-0-0-7)
1600万下(0-0-1-4)

クリックのご協力をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村
馬券スタジアムランキング
馬券スタジアムランキング


スポンサーサイト
  • Date : 2012-05-07 (Mon)
  • Category : ブログ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop