カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
284

フローラSの予想に役立つ過去データと傾向

■攻略ポイント



(1)両極端も

過去10年のデータは、1番人気 (5-1-0-4)、2番人気 (2-2-1-5)で両方を足すと(7-3-1-9)なので、上位は堅実といえるだろう。優勝馬は1,2番人気から出る可能性が高い。3,4番人気は(0-4-4-12)と勝ち馬がでておらず、2着までといったところだ。馬連平均は14179円と高めだが、11年の大荒れを含むもので、これを除けば4250円と落ち着く。3連単平均も24万1191円と高いが4ケタ配当もあり、荒れるか堅実かの二極化してるといえる。



(2)ステップ

最重要ステップはフラワーカップ組で(4-2-0-30)で6連対。連対馬の前走着順が3.2.6.2.3.2と上位争いをしていた馬たちで、大きな巻き返しは見込めない。これにミモザ賞、未勝利、500万特別組が3連対ずつで並び、続いて忘れな草賞組が2連対となっている。



(3)距離経験

3着以内30頭中27頭に芝1800m以上の出走経験があった。また、前走でみると、3着以内30頭中25頭が芝1800mを使われていた。例外だった5頭は1400~1600mの重賞に使われており、そのうち3頭は善戦していた。



(4)堅実なケースの共通点

過去10年で1,2番人気のワンツーフィニッシュが3回あるが、いずれも3ハロンの上がりが34秒台だったことが共通している。このような流れだと、上位人気の瞬発力、先行力と直結するわけなのだが、今年の展開はどうなるのかが予想のポイントになりそうだ。



■割引要素



◎前走が芝マイル以下

1番人気で着外に沈んだ4頭には共通点があり、前走が芝1600m以下だった。前走芝1600mの成績は(1-1-3-36)なので、そもそも割り引きが必要なのだろう。




人気データ



1番人気 1番人気 (6-2-1-26)

2番人気 (1-1-1-17)

3番人気 (0-2-2-16)

4番人気 (0-0-1-10)

5番人気 (1-2-1-10)

6番人気以下(2-3-4-63)




所属データ



関東(5-5-6-78)

関西(5-5-4-63)





枠データ



1枠(1-2-0-16)

2枠(1-3-0-16)

3枠(2-1-3-13)

4枠(2-1-0-17)

5枠(0-2-2-16)

6枠(1-1-1-17)

7枠(0-0-3-23)

8枠(3-0-1-24)




脚質データ



逃げ(0-2-2-6)

先行(4-2-4-21)

差し(4-6-4-67)

追込(2-0-0-47)



前走データ



重賞(5-3-3-43)

├フラワーC(4-2-0-30)

├フィリーズR(1-0-0-3)

├チューリップ賞(0-0-1-3)

└桜花賞(0-0-1-2)





OP特別(1-1-0-20)

├アネモネS(0-0-0-6)

└忘れな草賞(1-1-0-11)



500万下(2-5-4-52)

└ミモザ賞(0-3-0-19)



未勝利(2-1-3-22)



前走距離データ


1400m  (1-0-0-10)

1600m  (0-1-3-26)

1700m  (0-0-0-1)

1800m  (7-5-3-54)

2000m  (2-4-2-46)

2200m以上(0-0-2-4)

スポンサーサイト
  • Date : 2014-04-25 (Fri)
  • Category : 未分類
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。