カウンター
283

福島牝馬Sの予想に役立つ過去データと傾向

■攻略ポイント



(1)荒れる

本年から、10年分のデータが集まり、しっかりとした傾向が出る。1番人気は(3-0-1-6)と勝率はまずまずといったところだが、軸としての信頼はイマイチ。さらに、2番人気(1-0-2-7)、3番人気(1-1-2-6)と上位人気もあまり信用できない傾向に。昨年こそ馬連が3ケタ配当だったものの、馬連平均は7217円と高めだ。



(2)ステップ

人気での判断が難しいので、ステップで判断するのが良いだろう。最重要ステップが中山牝馬Sで(8-5-5-43)。しかも10年以降は4年続けてワンツーフィニッシュと堅実。13年は上位3頭すべてが中山牝馬組だった。また、連対した馬は全て中山牝馬6着以内で、極端な巻き返しはないといえる。
他では阪神牝馬S(0-2-0-10)、愛知杯組(1-0-0-6)と一息。また、前走非重賞組は7頭馬券に絡んでおり、軽視は禁物だ。



(3)中山牝馬S組

前走中山牝馬S組で3着以内だった馬は(6-2-2-4)。着順別で調べると1着馬(1-1-01)、2着馬(4-0-1-1)、3着馬(1-1-1-2)となり2着馬の活躍が目立つ。今年は中山牝馬2着馬のケイアイエレガント、キャトルフィーユに注目だ。




■割引要素



◎前走1600m以下の馬

前走1600m以下のレースを使われた馬の成績は(0-2-3-45)で最後に連対馬がでたのは06年だった。今回人気するであろうレイカーラは割引か。




人気データ



1番人気 (3-0-1-6)

2番人気 (1-0-2-7)

3番人気 (1-1-2-6)

4番人気 (0-4-1-5)

5番人気 (1-2-1-6)

6番人気 (0-0-1-9)

7番人気以下(4-3-3-89)




所属データ



関東(0-3-2-41)

関西(0-0-0-23)





枠データ



1枠(1-2-0-14)

2枠(1-1-2-14)

3枠(0-0-2-16)

4枠(4-1-0-13)

5枠(1-2-3-12)

6枠(1-2-0-15)

7枠(1-0-2-15)

8枠(0-1-1-16)





脚質データ



逃げ(0-0-1-9)

先行(5-4-4-18)

差し(4-1-3-54)

追込(0-4-2-33)

マクリ(0-0-0-1)



年齢別データ



4歳 (5-4-5-66)

5歳 (4-6-3-45)

6歳 (0-0-2-11)

7歳上(1-0-1-6)




前走データ



重賞(9-8-7-72)

├中山牝馬S(8-5-5-43)

├愛知杯(1-0-0-6)

├阪神牝馬S(0-2-0-10)

└京都牝馬S(0-0-1-2)

スポンサーサイト
  • Date : 2014-04-25 (Fri)
  • Category : 未分類
QRコード
QR
Return to Pagetop