カウンター
104

菊花賞予想に役立つ過去データと傾向


■攻略ポイント

(1)波乱含み

過去10年で馬連が3桁配当だったのは昨年の1回のみ。過去6回もクラシック不出走馬が馬券に絡んでおり、上がり馬にも要注意。1番人気馬は(3-1-2-4)で、微妙な成績。2番人気がさっぱりで(0-2-0-8)、3番人気も(0-0-4-6)と信頼はおけない。馬連平均配当は15,332円で、圧倒的1番人気で勝ったディープインパクトの時も馬連が4桁配当だった。

(2)重要ステップレースは3パターンのみ

前走は3パターンに限られる。神戸新聞杯とセントライト記念のトライアルレース組がまず1つのパターン。次に古馬混合の重賞レース組、3つ目が1000万条件1着組。過去10年でこのパターン以外で馬券に絡んだ馬は1頭もいない。1000万条件で馬券に絡むのだから、オープンや1600万条件でも通用するだろうと思うが、これらの馬は全て消しでよい。過去10年で29頭がこれに当てはまるが、全て着外に惨敗している。

(3)神戸新聞杯組

神戸新聞杯組が(8-6-6-46)と、断トツの成績。神戸新聞杯組から馬券を組み立てるのが絶対のセオリー。また神戸新聞杯組は、同レースで惨敗していても巻き返しがあるので要注意。

(4)セントライト記念組

ステップレースのもうひとつセントライト記念組は(0-2-2-38)で精彩を欠く。馬券になった4頭は全て同レースで1~3着に入っていて、それより下位からの出走馬は消しでよい。

(5)実績

過去10年の馬券になった30頭中29頭は重賞3着以内(23頭)か、1000万条件1着(6頭)の実績があった。

(6)間隔

過去10年の馬券になった30頭中29頭の前走は9月~10月だった。人気の一角になるだろうディープブリランテには不吉なデータではある。

■買ってはいけない

(1)関東馬

過去10年の連対馬20頭中19頭が関西馬で、3着以内に広げても関東馬は2頭しか馬券に絡んでいない。


人気データ
1番人気 (3-1-2-4)
2番人気 (0-2-0-8)
3番人気 (0-0-4-6)
4番人気 (1-2-0-7)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (0-2-2-6)
7番人気以下(5-3-2-108)

所属データ
関東(0-1-1-43)
関西(10-9-9-104)
地方(0-0-0-1) 

枠データ
1枠(2-2-2-14)
2枠(0-1-2-17)
3枠(1-2-2-15)
4枠(2-1-0-17)
5枠(1-1-0-18)
6枠(0-1-2-17)
7枠(2-2-1-24)
8枠(2-0-1-26)

脚質データ
逃げ(0-0-1-11)
先行(7-1-6-19)
差し(2-7-2-67)
追込(0-2-1-49)
マクリ(1-0-0-1)

前走データ
重賞(8-10-9-95)
├神戸新聞杯(8-6-6-46)
└セントライト記念(0-2-2-38)
OP特別(0-0-0-3)
1600万下(0-0-0-7)
1000万下(2-0-1-41)
500万下(0-0-0-2)


馬券が当たりますように・・クリックのご協力をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村
馬券スタジアムランキング
馬券スタジアムランキング


スポンサーサイト
  • Date : 2012-10-15 (Mon)
  • Category : ブログ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop